家族信託・民事信託

家族信託®(民事信託)

信託。つまり信じて託すことを言います。

遺言書は、遺言者の単独行為で成立しますが、この家族信託®は、多くの場合、託される人「受託者」が存在し、託す者「委託者」と託される人「受託者」との間で信託契約を交わします。

信託契約をすることで、生前から財産管理を「受託者」に管理を託すことが可能です。

例えば、不動産を信託財産として信託した場合は、託した不動産の名義は「委託者」から「受託者」へ変わります。また、これは信託登記という手続きを行うことで、登記簿にも明記されますから、他人に対して受託者である者が、「この不動産は私が管理している財産だ。」と第3者に対して対抗することが可能です。

つまり、当初の所有者である「委託者」が判断能力を失ったとしても、託された財産の名義はすでに「受託者」へと変わっているため、信託の目的に沿っていれば「受託者」の権限で、その不動産を売買することも、大規模な修繕・リフォームをすることも、また新たな入居者と契約を交わすことも可能となります。

この仕組みを理解し利用すれば、遺言書や成年後見制度ではできなかったことが、不思議なくらいに可能となります。

岡山の家族・民事信託

岡山で家族信託、民事信託のサポートをご希望の方!

デザインライフ相続事務所が信託をサポートさせていただきます。

各種イベント

スクリーンショット 2018-01-18 11.31.36

2/28:岡山県:相続コンサルタント業務提携 説明会

2/28:岡山県:相続コンサルタント業務提携 説明会 ※当相続コンサルタント事務所との業務提携 説明会のご案内 […]
コメントなし
スクリーンショット 2018-01-18 11.47.38

1/21:愛媛県:マネー×相続セミナー

告知が大変遅くなりましたが、1月21日に愛媛県松山市にて、相続&マネーセミナーが開催されます。 私は、相続パー […]
コメントなし
スクリーンショット 2017-09-26 11.12.29

10/19:岡山県:相続コンサルタント 業務提携 説明会

10/19:岡山県:相続コンサルタント業務提携 説明会 ※当 相続コンサルタント事務所との業務提携 説明会のご […]
1,283 comments
PAGE TOP